応用化学科

環境化学及び有機・バイオ物質化学と無機物質化学とを融合した機能化学の分野において、持続成長可能な未来を切り拓いていくことができる人材の育成を目指す。

キーワード
  • ・化学分析力
  • ・物質創製力
  • ・プロセス創製力
  • ・応用化学展開力

学ぶ領域

①環境化学
持続的な成長が可能な低炭素型社会の実現を目指し、水・大気・地球資源に関する化学を学ぶ。
②エネルギー機能化学
地球規模での発展が可能な住みよい社会の実現を目指し、エネルギーおよび有機・無機の機能物質に関する化学を学ぶ。
③バイオ機能化学
人に優しい社会の実現を目指し、有機・無機機能化学と生命・生物機能物質化学と融合した化学を学ぶ。

専門科目一覧

【1年次】

バイオ・化学大意(応用化学)/熱の化学/物質のなりたち/無機化学/有機化学

【2年次】

アカデミックライティング/化学と安全/物質の状態と反応/有機合成化学/分析化学/バイオ・化学基礎実験・演習A・B(応用化学/)環境化学/基礎生化学/化学工学/高分子化学/エネルギー電気化学/応用生化学

【3年次】

応用化学演習/応用化学専門実験・演習A・B/化学コンピュータ演習/エネルギー固体化学/機器分析化学/応用バイオ工学/アドバンスト環境化学/アドバンスト機能化学/地球環境学/水と環境の化学/環境計測学/無機・エネルギー機能化学/有機・バイオ機能化学

【4年次】

応用化学統合演習

研究

4年次には学科の研究室に所属し、1年間、テーマに沿って研究活動に取り組みます。

学科Q&A

Q

応用化学科における化学は、高校で学ぶ化学とどのように違いますか? 「応用」がつくとそれだけで高度で難しそうに感じますが。

A

高校でも化学を学びますが、その化学をどう使ったら産業の役に立つかという視点で、実践的な技術を交えながら学べるのが応用化学科です。学問には基礎と応用があり、基礎化学は学問的に究めるのが目標なのに対し、応用化学は役に立てることを中心に考えます。応用化学のほうがより実践的とも言えます。

Q

応用化学科で学ぶ領域や学び方の特色というのは、具体的にどのようになりますか?

A

化学的な問題解決能力を習得するため、「ものを分析・測定するプロセス」「物質をつくるプロセス」「方法を考えるプロセス」という3つの化学的課題を解決するトレーニングを行うことが主眼になります。特に「分析・測定する」「つくる」は実際に実験を通して学びます。実験が多いのも応用化学科の特徴で、他学部では3年次から実験が始まるのに対し、応用化学科では2年次から実験を行います。学び方の特徴としては、学生と先生がマンツーマンに近い形でやりとりしますから、先生との距離が近くて、技術習得がしやすい環境であると言えます。

Q

応用化学には生化学の分野もあるそうですが、応用バイオ学科との違いはどこですか?

A

応用化学科では「物理化学、無機化学、有機化学、分析化学、生物化学」の5つを基礎から勉強しますが、その中には生化学のジャンルもあります。
しかし、そこではあくまでも生物の細胞レベルの働きではなく、化学物質や化学反応に注目するという点がバイオとの違いになります。このあたりの境はきわめて曖昧なのも事実です。近頃は医療材料、人工の皮膚や骨、化粧品、生分解性プラスチックなどバイオ系に広がった応用化学の研究も盛んになり需要も急増しています。
また、たとえば最先端家電の中に使われる「薄膜」は化学で研究が行われますが、電気電子関係のものづくりに活かされています。応用化学はものづくりの面でも注目されている分野なんです。

Q

就職先はどのような企業が多いですか?

A

プラスチック成形加工品メーカーなど化学系の会社で製品開発技術者になる人が一番多いです。また、生産ラインでの不良品率を改善する品質管理、自動車パーツ成形加工、家電メーカーや防毒マスクメーカーの研究職なども選択肢に入ります。入社後、理系学部出身者にまず研究を経験させる化学系企業も多く、この学科での実験や演習の経験が活かせているようです。

学科メディアコンテンツ

学科紹介ビデオ

応用化学科をダイジェストで紹介します。

動画での紹介はこちら

学生の活躍

進路・資格

主な就職先 (過去3年間の卒業生実績)

  • NECソリューションイノベータ
  • オリエンタルモーター
  • 加賀東芝エレクトロニクス
  • コメリ
  • 三光合成
  • JR西日本
  • ジェイテクト
  • ジェイ・バス
  • 澁谷工業
  • 中部薬品
  • トーメンエレクトロニクス
  • 日油技研工業
  • ニッコー
  • 日本ジェネリック
  • 日本曹達
  • 東山フイルム
  • ロキテクノ
  • 和光純薬工業

以下の企業に就職した卒業生の学生時代の活躍を動画で紹介

取得できる推奨資格

  • 情報処理技術者
  • 危険物取扱者 甲種・乙種
  • 公害防止管理者
  • エネルギー管理士
    (熱管理士・電気管理士)
  • 環境計量士
  • エックス線作業主任者
  • 放射線取扱主任者
  • 毒物劇物取扱責任者
  • 廃棄物処理施設技術管理者
  • 下水道管理技術検定
  • 浄化槽管理士
  • 浄化槽設備士
  • 火薬類保安責任者(取扱・製造)
  • 知的財産管理技能検定
  • 実用英語技能検定 1〜準2級
  • 工業英語能力検定 1〜4級
  • 日本漢字能力検定 準1〜3級
  • 秘書技能検定 準1〜3級
  • 日本語検定 1〜3級
  • バイオ技術者検定 中級・上級
  • ビオトープ管理士
  • ITコーディネーター
  • 品質管理検定(QC検定) 1〜4級
  • 実用数学技能検定 1〜3級
  • TOEIC
  • ドイツ語技能検定試験 1〜4級
  • 中国語検定試験 1〜準4級
  • MOS
  • 韓国語能力試験
  • 現代用語能力検定
  • 語彙・読解力検定
  •             

取得できる教育職員免許状

高等学校教諭一種免許状(理科)、中学校教諭一種免許状(理科)、高等学校教諭一種免許状(工業)

教育目標

「持続成長可能な社会」の実現のために、基礎化学の知識基盤のうえに修得した有機・無機機能化学および環境化学の知恵を生かし、地球あるいは人類社会が直面しているエネルギーおよび環境にかかわる諸問題を解決していくことが求められている。本学科では、地球と人類の持続成長を可能とする産業分野においてグローバルに活躍することができる化学技術者を、基礎教育、実験・実技教育、応用教育およびプロジェクト教育の連携のもとに育成する。

修得する知識・能力

①応用化学リテラシー
事実と推論を分けるなど科学あるいは工学の文書の基本様式に則り、専門的な報告書を作成したり、読んだりすることができる。
②応用化学コンピュータリテラシー
応用化学分野におけるプロセス創製、物質創製、あるいは化学分析においてコンピュータによる支援を活用していくことができる。
③応用化学分野において活動を安全に進めていく能力
社会活動における安全という概念の重要性を十分に理解した上で、応用化学分野における生産や技術開発を安全に進めていくことができる。
④化学基礎能力
応用化学に関する専門知識の修得、さらには応用化学分野における実験・実習・統合的な演習やプロジェクトの活動に関する知識の修得を自ら行うことができる。
⑤化学分析能力
物質の組成の分析、溶液中に含まれる物質の分析、物質の構造の同定等の化学分析手法に関する知識に基づき、与えられた対象および要求に対し適切な分析方法を選択・設計し、必要とされる化学分析を行うことができる。
⑥物質創製能力
応用化学に関する知識や実験技術を基盤として、新しい機能を発現する物質を創製することができるとともに、その機能を評価することができる。
⑦化学プロセス創製・管理能力
新しい物質を創製する化学あるいは化学工学プロセスを創り出すとともに、既存の化学プロセスの改善・管理を行うことができる。
⑧環境創製・維持能力
応用化学に関する知識や実験技術を基盤として、グローバルな視野に基づき新たな環境を創製していくとともに、環境化学に関する分析・評価手法などを用い、現在の環境あるいは創製された環境を改善・維持していくことができる。
⑨プロジェクトデザイン能力
プロジェクトデザイン手法、応用化学分野に必要とされるリテラシーおよびコミュニケーション能力を統合し、潜在する問題の発見、その問題に対する適切な解決方法の選択、その問題の解決、およびその問題の再発防止に関わる実践的な活動を、広く社会において行うことができる。
⑩キャリアデザイン能力
応用化学に関する能力およびプロジェクトデザイン・問題解決能力などを基盤として、広く社会において自分に適した学習・進路の目標を設定することができるとともに、それらの目標を達成するために必要な準備・対策に自主的かつ意欲的に取り組み、主体的かつ自律的に目標を達成していくことができる。
J理工学総合能力
基礎化学および応用化学の知識を、機能物質科学、環境工学、あるいはバイオ科学などの応用化学をさらに展開するために必要な知識と融合することにより、広く社会において必要とされる物質やその創製システム、あるいは分析システムを創出し、人類社会の持続的発展に貢献することができる。
所在地一覧
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.