>数理工教育研究センターとは   >アクセス   >お問い合わせ   >センター利用状況グラフ   >金沢工業大学

チューター紹介

西 誠
教授・博士(工学)
西 誠   Nishi Makoto
略歴:
金沢大学工学部精密工学科卒、同大学大学院修士課程(精密工学)修了。同大学助手、講師を経て、平成9年本学講師就任。助教授を経て、平成19年現職。

 

●在学生の皆さんへメッセージ:

 大学で受講する科目はすべて、皆さんが将来の専門の知識と考え方を持った技術者になるために考えられたもので不必要なものは何1つとしてありません。これらの科目の中で基礎科目は専門の知識と技術を学ぶためのベースとなるものです。したがって、これらの科目を十分理解し、専門に応用できるようにしておかなければなりません。基礎がしっかりしていなければ確固とした専門の知識は身につかないものです。 しかし、せっかくの授業でも授業の目的が分からず興味が沸かなかったり、内容が理解できず立ち往生したりするときがあります。こんなときは1人で考えずとりあえず数理工教育研究センターを訪ねてみてください。数理工教育研究センターでは基礎科目を中心に授業で困った時にいつでも支援できるように準備しています。とりあえずわからないことができたら訪ねて下さい。いっしょに理解できる方法を考えましょう。

●高校生の皆さんへメッセージ:

 普段の生活で身近に起こることにはさまざまな物理や化学、あるいは数学が隠れています。そんなことをちょっと意識するだけで、数学や理科が身近に感じることができます。中学、高校で学ぶ皆さんの中には「数学、理科」が苦手な人もいると思います。そういう人はちょっと視点を変えて学んだことを身近で起こることにつなげてみてください。そうすることによって糸がほぐれるように、分かってくる場合があります。ちょっとしたことで「なんだ、こんな簡単なことだったんだ!」と理解が深まるかもしれません。1つ理解できると苦手意識はなくなり面白さも格段にアップします。最初から苦手だと敬遠せず一度試してみてください。 金沢工業大学の数理工教育研究センターでは将来技術者になるために必要な数学や理科をわかりやすく教える専門知識を持ったスタッフがそろっています。そして、君たちが入学したときに、高校時代にできなかったことややり残したことやなど、専門技術のための基礎となる知識に対して興味を持って学ぶための支援をしています。入学したら是非訪ねてみてください。