>数理工教育研究センターとは   >アクセス   >お問い合わせ   >センター利用状況グラフ   >金沢工業大学

チューター紹介

准教授・博士(学術)
田中 忠芳   Tanaka Tadayoshi
略歴:
高知大学理学部物理学科卒。高知大学大学院農学研究科修士課程(機械工学)修了。愛媛大学大学院連合農学研究科後期博士課程(流体工学)満期退学。近畿大学附属豊岡高等学校、河合塾提携鹿児島高等予備校、鹿児島国際大学福祉社会学部などを経て、2007年から松本歯科大学歯学部講師(物理学・数学)。2013年本学准教授就任。

 

●在学生の皆さんへメッセージ:

 自分のことを自分で承認するとき、深い感謝の気持ちが必要です。青年期における自己承認は、その人の心を強くし、大きく羽ばたく上で、とても大切な手続きだと思います。この国の将来、人類の未来のために、できることを、できるところから始めましょう。

●高校生の皆さんへメッセージ:

 私の出身高校の正門には、旧村岡藩第13代当主、山名義鶴氏により「人みな使命あり」と書かれた石碑が、今も立っています。未来から現在を見つめることで今何を為すべきかが見えてくることがよくあります。自らの役割や使命を果たしたときに、自らが生きた証(あかし)をこの宇宙の歴史に刻むことができると思います。私と同じ兵庫県北部出身の植村直己氏(登山家・冒険家)が、私の高校の文化祭においでになり、講演の中で「人は誰でも一つぐらいはできることがある」とおっしゃったのを今も覚えています。自分が頑張れる道を見つけ、できるところから取り組んでみましょう。