>数理工教育研究センターとは   >アクセス   >お問い合わせ   >センター利用状況グラフ   >金沢工業大学

チューター紹介

堤 厚博
教授・博士(工学)
堤 厚博   Tsutsumi Atsuhiro
略歴:
埼玉大学工学部機械工学科卒、東京工業大学大学院理工学研究科修士課程(機械工学)修了、東京都下水道局入庁、防衛省技術研究本部入庁、1研4部構造第2研究室長、1研4部艦艇システム研究室長、年技術部技術情報管理課長、艦艇装備研究所システム研究部長、防衛省技術研究本部 艦艇装備研究所研究企画官、研究開発評価官 を経て、平成25年本学教授就任。

 

●在学生の皆さんへメッセージ:

 大学時代は、最も自由な時間が取れる時期です。目標の分かっている人は目標に向かって、また、目標のまだ見つからない人は、悩みながらも目標を見つける努力をして、充実した生活を送ってください。現在数学を教えていますが、努力を続けても階段状にしか実力が付かず、なかなか目に見えて実力が付いたと実感できないものです。しかし、不断の努力を続けていると、あるとき突然違いが見えてきます。どうかそこまで頑張ってください。分からないことがあれば、数理工教育センターを利用してください。皆さんを待っています。

●高校生の皆さんへメッセージ:

 最近学生の理工系離れが言われていますが、子供のころおもちゃで遊んだり、何かものを作ったりしたはずです。日本は資源が少ないために、貿易で成長してきました。それは主に製造業の貿易によるものです。これからも日本の強みである“ものづくりの技術”を活かしていかなければなりません。そのためにも基礎的な学力が大切です。基礎をしっかり勉強するようにしてください。そして、ものづくりの日本を支える一人になってみませんか。皆さんの入学を待っています。