総合索引 著者名索引 書名索引 刊行年索引

Curie, Pierre. (1859-1906) & Marie Sklodowska. (1867-1934).
Sur une substance nouvelle radio-active contenue dans la pechblende.
Paris, 1898, First edition.

ピエール・キュリー(1859-1906),マリー・キュリー(1867-1934)
ピッチブレントの中に含まれている新種の放射性物質について
パリ, 1898年, 初版

 マリー・キュリーはポーランドからパリに来てソルボンヌ大学に学び、物質学と数学の修士の学位を取りました。その先生であったベックレルの研究に刺激されて、キュリー夫人とその夫のピエール・キュリーはその研究室でウランとトリウムについての研究を行いました。夫妻はある物質がその物質の量にくらべてきわめて大量の放射能を出している事をみつけたのです。この研究によって彼等は、新しい元素ポロニウムを発見したのでした。本書は夫妻の発見を報告した初めての論文であり、ここでキュリー夫妻は「放射性」という語を初めて用いたのです。
 

金沢工業大学ライブラリーセンター所蔵