基礎実技教育課程

学習・教育目標

現在、技術者には専門知識と実践スキルのバランスを重視した実践的なイノベーション力が強く要望されている。本課程では、プロジェクトデザイン活動から実践的イノベーション力を身につけた「自ら考え行動する技術者」となる人材を育成する。このプロジェクト活動では、チームによる問題発見、情報収集、問題解決のアイデア創出、作品制作や実験によるアイデアの検証など多くのイノベーション手法を学ぶ。

キーワード

問題発見・解決
自学自習
思考力
コミュニケーション

PDFファイル
G250 プロジェクトデザイン入門 Design Project / Introduction
本科目では、身近で生じる現象を対象に、各自が持つ知識・経験、新たに収集した情報を組み合わせ、現象の特徴・特性を観察し把握する方法・装置や機材を活用する方法を思索する中から、実験によって現象の機構を解明していく際の基本的な考え方や進め方を学ぶ。本科目によって、チーム活動、情報収集、ドローイング、実験レポートの作成、発表などの基本的な能力を総合的に身につける。
行動目標●安全に注意して実験を進めることができる。現象を支配する因子を抽出し、その影響を明らかにするための観察・実験の計画を立てることができる。目的に応じて適切に機材を選択し、方法を工夫して精度や再現性を意識した観察や測定を行うことができる。測定結果をグラフで表現し、その特徴を説明する実験レポートを書くことができる。図形表現の技法を理解し、図を活用してコミュニケーションができる。
G251 プロジェクトデザイン I Design Project I
本科目では、身近な実社会での気づきの中からチームで取り組む分野を明確化するとともに、解決すべき問題を調査・分析し、問題を解決する際の制約条件を明らかにした上で、チーム独自の解決策を創出するプロセスと手法を学ぶ。このチーム活動を通じて、現在持っている知識を総合的に応用する能力、必要な情報を収集し分析する能力、問題の解決策を創出する能力、活動成果を文書にまとめて口頭発表する能力を身につける。
行動目標●身近な実社会での気づきの中から解決すべき問題を具体的に示すことができる。問題解決に必要な情報を各分野から収集して分析することができる。制約条件を意識して問題を解決する複数のアイデアを創出することができる。アイデアを図で表現するとともに、図を活用しながら意見交換を図ることができる。活動成果をレポートにまとめるとともに、口頭発表をすることができる。自己の能力を客観的に評価しようとする姿勢を示すことができる。
G252 プロジェクトデザイン II Design Project II
本科目では、教員から提示されたメインテーマ(地域社会・専門分野に関連した領域)に関する情報を調査し、チームで取り組む問題を見つけ出す。チームのプロジェクトテーマを設定し、調査に基づいて問題を解決するためのアイデアを複数考え出す。チーム討論を繰り返し、アイデアを具体化し、チームの解決提案としてまとめる。口頭発表の質疑応答によって得られた情報も参考にして、解決提案の内容を見直す。提案の有効性を評価する方法を検討し、プロジェクトデザイン実践で活動するための計画書をまとめる。
行動目標●メインテーマからそれに基づく問題を見つけ出すことができる。問題解決に必要な情報を各分野から収集し、分析することができる。問題解決への複数の提案(アイデア)を創出することができる。提案の有効性を検証する計画を立てることができる。図を活用した技術情報のコミュニケーションができる。自己の能力を客観的に評価しようとする姿勢を示すことができる。
G253 プロジェクトデザイン実践 Design Project / Implementing and Operating
本科目では、プロジェクトデザイン II で創出した解決提案の評価を重ね、その有効性を検証するまでの取り組み方を学ぶ。解決提案の評価に必要となる知識・技能を修得し、自分たちで工夫しながら、検証モデルを使って解決提案の評価と見直しを行う。最後に、プロジェクト活動で得られた成果をレポートにまとめ、公開ポスターセッションで発表する。
行動目標●計画書に基づき、解決提案の有効性を評価できる。評価結果をもとに解決提案を見直すことができる。活動成果をレポートにまとめることができる。口頭発表やポスターセッションで活動成果を他者にわかりやすく説明することができる。自己の能力を客観的に評価しようとする姿勢を示すことができる。
G254 コンピュータ操作の基礎 PC Operation Basics
パーソナルコンピュータ(PC)の仕組みとその能力・可能性を理解する。その上で学生として、また社会人となってPCを教育・研究・技術開発などに活用するための基礎的能力を修得する。
行動目標●パーソナル・コンピュータ(PC)の基礎知識を修得し、ノートPCの特徴と仕様を理解する。Windowsの基礎知識を修得し、WindowsとWindowsアプリケーションを使うことができる。ハードウェア/ソフトウェアのインストール方法を修得し、PCを必要な状態にすることができる。ウィルスの仕組みを理解し、ウィルスから自分のPCを防衛することができる。ネットワークの設定方法を修得し、ネチケットを理解して学内ネットワークおよびインターネットの活用ができる。オフィスソフトの操作方法を修得し、データの活用ができる。また、効果的な資料・プレゼンテーションが作成できる。