基礎教育部の教育目標

汎用的な能力が求められる今日、基礎教育部では自主的・継続的な修学・生活スタイルの確立により自己管理能力を高め、基礎学力の向上と専門分野との有機的な接続を図る。さらに、チーム活動を実践し、コミュニケーション能力・論理的思考力・行動力を培い、さらに技術マネジメントを学ぶとともに倫理観を身につけ、専門分野を見据えたキャリア形成を目指すことができる人間性豊かな「知性」「感性」「徳性」を持つ人材を育成する。

学習・教育目標
A 自己啓発・自己管理能力
修学スタイルを確立し、社会に貢献できる人材となるための心構えを身につけるとともに、自主的・継続的な自学自習能力を身につける。
B 多様な価値観の理解と倫理的判断能力
「知性と教養」・「感性と徳性」・「体力と健康」および技術者としての倫理観の涵養を図る。
C 外国語コミュニケーション能力
国際社会の一員として、日常場面、職場、研究の場において必要な、基礎的な外国語のコミュニケーション能力を身につける。
D 現象のモデル化と分析能力、論理的思考能力
数理の基礎を学び、論理的思考力を養うとともに、工学・技術の諸問題に応用できる能力を身につける。
E 図形コミュニケーション能力
図形表現の技法を理解し、図形によるコミュニケーションができる能力を身につける。
F 基礎的な実験能力
実験に関する基本的な知識と技量を修得し、それらを活用して実験計画の立案と実験の実施、観察、考察、報告ができる能力を身につける。
G 問題発見・問題解決能力
身近な問題を解決するために、現在持っている知識に加えて必要な情報を集め、グループ活動を通して問題を解決することができる能力を身につける。
H コンピュータリテラシー
コンピュータに関する基礎知識を修得し、それらを活用できる能力を身につける。

平成24年4月1日

[close]