バイオ・化学部の教育目標

工業化一辺倒の時代から、「人間の豊かな生活を創造する時代」へと移行してきた現在、時代のニーズは、ライフサイエンス、医療、バイオテクノロジーおよびナノテクノロジーなどの「生命、環境」を中心とした学際分野へと変化しつつある。
本学部では、バイオ工学、バイオ情報システム、環境化学、機能化学に関連した科学と技術を身につけ、生命科学、生命情報、バイオテクノロジー、地球環境・人間環境、機能素材などを基盤とした新しい産業分野を支え、その未来を切り拓くことができる人材を育成する。

応用化学科の教育目標

基礎化学の知識を基盤に、バイオ工学に関する知識をも融合させながら水圏および気圏における環境化学および有機・バイオ物質化学と無機物質化学とを融合した機能化学の分野を広く、かつ実践的に学んでいき、これらの分野において持続成長可能な未来を切り拓いていくことができる技術者を育成する。

学習・教育目標
A 自己啓発・自己管理能力
修学スタイルを確立し、社会に貢献できる人材となるための心構えを身につけるとともに、自主的・継続的な自学自習能力を身につける。
B 多様な価値観の理解と倫理的判断能力
「知性と教養」・「感性と徳性」・「体力と健康」および技術者としての倫理観の涵養を図る。
C 外国語コミュニケーション能力
日常場面で外国語、主に英語での口頭コミュニケーションができ、一般向けに外国語で書かれた記事の内容を理解できる能力を身につける。
D 現象のモデル化と分析能力、論理的思考能力
数理の基礎を学び、論理的思考力を養うとともに、工学・技術の諸問題に応用できる能力を身につける。
E 図形コミュニケーション能力
図形表現の技法を理解し、図形によるコミュニケーションができる能力を身につける。
F コンピュータリテラシー
コンピュータに関する基礎知識を修得し、それらを活用できる能力を身につける。
G 基礎的な実験能力
実験に関する基本的な知識と技量を修得し、それらを活用して実験計画の立案と実験の実施、観察、考察、報告ができる能力を身につける。
H 問題発見・問題解決能力
身近な問題を解決するために、現在持っている知識に加えて必要な情報を集め、グループ活動を通して問題を解決することができる能力を身につける。
I 工学倫理、生命倫理など幅広い倫理観をもとに、科学技術が社会、人類、自然に及ぼす影響を総合的に理解し、技術者の社会的責任を自覚する能力を身につける(技術者倫理)。
J 社会と応用化学の関わりを理解し、人類の持続可能な発展のために必要な技術者の責務を自覚することができる能力を身につける。
K 世界の多種多様な歴史、文化、習慣を理解し、人類がもつ様々な価値観から多面的に物事を考えることができる能力を身につける。
L 基礎化学に関連する知識とその応用能力
物理化学、無機化学、分析化学、有機化学、高分子化学、生化学に関する基礎知識を体系的に修得しており、応用化学に関する専門知識の修得、さらには応用化学における実験・実習やプロジェクト活動を行うことができる能力を修得する。
M 化学および化学に関連する専門知識とその応用能力
基礎化学に関する知識の体系的理解にもとづき、それを社会において生かしていくために必要な応用化学の専門知識を修得し、社会において必要とされる応用化学に関する問題を科学的に理解し、解決する能力を修得する。
N 化学および化学に関連する実験技術
分析化学実験、高分子化学実験、有機化学実験、生化学実験、環境化学実験などの実験技術を修得し、実験事実と考えを区別して思考したり、報告を行うことができるとともに、問題解決のための実験を計画する能力を修得する。
O 数学および物理に関する基礎知識および現象を数学的にモデル化し解析する能力
数学あるいは物理の基礎の理解にもとづき、基礎化学あるいは応用化学に関する現象を本質的に把握し、解析することにより、事実を理解しながら応用化学における問題を解決する能力を修得する。
P 物質創製能力
新しい機能を発現したり、付与したりする物質を、既存物質の構造式(有機化合物)や結晶構造と組成式(無機化合物)などに関する知識をもとに創製することができ、環境への影響が最小限に抑えられ、低コストな物質合成プロセスを創り出すために必要な能力を修得する。
Q 物質解析能力
未知試料を与えられた場合に、目的および試料の状態に応じて適切な分析手法を選択することができ、かつその手法の原理を理解した上で、その手法を正しく用いることにより、物質を同定する能力を修得する。
R 環境、バイオ、あるいはナノ工学分野との融合能力
基礎化学および必要な応用化学の知識と、環境、バイオ、あるいはナノ工学など応用化学をさらに展開するために必要な知識を理解することができるとともに、、広く社会において要請される物質や物質の合成手法、あるいは分析手法などを用いたり、さらにはこれらに必要な技術を開発したりする能力を修得する。
S 理工学応用能力
応用化学あるいはこれに関連するバイオ・ナノ工学の領域にとどまらず、広く理工学における科学技術を俯瞰することができるとともに、自らの基礎化学あるいは応用化学に関する知識や知恵をもとに、理工学にかかわる学術領域あるいは産業領域における科学技術に関する問題を解決する能力を修得する。


平成20年3月31日

[close]