工学部の教育目標

我が国の産業を支えてきた「モノづくり」を規格大量生産方式から地球環境と調和した高付加価値生産方式に転換できる高い倫理観を備えた人材の育成を目指す。

機械工学科の教育目標

工学技術者としての活動から得た工学的な諸問題に対して、科学・工学・技術者倫理に基づいた観点から解決案を導出するとともに、これを具体的な図面や技術文書を含む成果物として作り出すことができる機械技術者を育成する。

学習・教育目標
A 自己啓発・自己管理能力
修学スタイルを確立し、社会に貢献できる人材となるための心構えを身につけるとともに、自主的・継続的な自学自習能力を身につける。
B 多様な価値観の理解と倫理的判断能力
「知性と教養」・「感性と徳性」・「体力と健康」および技術者としての倫理観の涵養を図る。
C 外国語コミュニケーション能力
日常場面で外国語、主に英語での口頭コミュニケーションができ、一般向けに外国語で書かれた記事の内容を理解できる能力を身につける。
D 現象のモデル化と分析能力、論理的思考能力
数理の基礎を学び、論理的思考力を養うとともに、工学・技術の諸問題に応用できる能力を身につける。
E 図形コミュニケーション能力
図形表現の技法を理解し、図形によるコミュニケーションができる能力を身につける。
F コンピュータリテラシー
コンピュータに関する基礎知識を修得し、それらを活用できる能力を身につける。
G 基礎的な実験能力
実験に関する基本的な知識と技量を修得し、それらを活用して実験計画の立案と実験の実施、観察、考察、報告ができる能力を身につける。
H 問題発見・問題解決能力
身近な問題を解決するために、現在持っている知識に加えて必要な情報を集め、グループ活動を通して問題を解決することができる能力を身につける。
I 修学計画能力
機械工学科において何を学ぶか、機械工学とは何かの概念を得る。また、機械工学科教育プログラムの学習・教育目標を把握し、自ら修学プランを立案できる。
J 設計基礎能力
設計の基本原理(力の伝達,役割分担,自己充足,安定性と不安定性、実体設計の考慮点)と各種機械要素の機能と原理を理解し,これらの知識を機械および機械システムの設計に効果的に応用できる(詳細設計を行うことができる)。
K 製造基礎能力
切削加工,塑性加工,特殊加工,機械材料,熱処理などに関する基礎的な知識を持ち,部品図面に記述された技術的要求仕様を満たしながら,最も経済的に製造できる加工法や材料を選択できる。
L コンピュータ援用能力
近代的なエンジニアリング・ソフトウエアの理論と使用法を理解し,設計から製造に至る様々な過程で現実的な複雑さを持つ工学的諸問題を迅速に解決できる。
M 力学応用能力
機械の強度設計や性能設計に必要な力学各分野の基礎知識(工業力学,材料力学,振動工学,熱力学,流体力学など)に精通し,これらの知識を安全で効率の高い機械や機械システムの概念設計や基本設計(性能設計も含む)に応用することができる。
N システム化能力
機械の自動化・システム化に必要な計測・制御に関する基礎知識を修得する。また、機械関連分野で使用されている計測・制御装置の原理を理解し,機械の自動化・システム化に効果的に応用できる。
O 専門応用能力
これまでに学んできた工学基礎科目、専門基礎科目の知識を統合・発展させ、現実的な複雑さを持つ工学問題の解決に応用することができる。 機械工学の専門分野,ここでは「ビークルシステム」「創製プロセス」「エナジー&メカニクス」の 3分野のうち,1分野(コア)を選択し,そのコアを一つの題材として専門知識の発展と総合化を計り,応用能力を育成する。
P 工学設計能力
工学的諸問題に対して,工学設計過程に基づき解決案を創出し成果を得ることができる.また,理論的なアイディアや技術的なアイディアを具体的な図面や技術書面,レポート等で明確に表現することができ,また,そのアイディアの有効性を実証するために,試作や実験を計画・実行・分析し,その機能や性能を評価し改善することができる。
Q 進路計画能力
機械工学に関する産業界の動向、求められる技術者像、就職環境などを把握して、将来の進路を展望し、自らの進むべき方向を決定できる。


平成20年3月31日

[close]