環境・建築学部の目標

人間が住まいし、活動する環境を計画・設計し、建設し、コントロールしてきた化学・土木・建築の各分野それぞれの領域を学び、かつお互いに連携することにより、安全・快適で持続可能な環境を創成できる人材の育成を目指す。

建築学科

広範な領域を含む建築学に関する幅広い専門的基礎知識に基づき、安全で美しく快適な人間活動の器としての建築を都市とのかかわりや経済性をも考慮しながら、計画し、設計し、築き、運営することができる基礎的能力に加えて、建築設計・計画・意匠、建築構造、建築材料・構法、建築情報の各分野のいずれかに関するより高度な専門的知識を持ち、それを実務に応用することができる。

学習・教育目標
A1 自己啓発・自己管理能力
修学スタイルを確立し、社会に貢献できる人材となるための心構えを身につけるとともに、自主的・継続的な自学自習能力を身につける。
A2 多様な価値観の理解と倫理的判断能力
「知性と教養」・「感性と徳性」・「体力と健康」および技術者としての倫理観の涵養を図る。
A3 英語コミュニケーション能力
日常場面で英語での口頭コミュニケーションができ、一般向けに書かれた英文記事の内容を理解できる能力を身につける。
A4 現象のモデル化と分析能力、論理的思考能力
行動する技術者としての基礎を築くために、数学・物理・化学を総合的に学び、それらの考え方や知識を工学に応用できる能力を身につける。
A5 図形コミュニケーション能力
図形表現の技法を理解し、図形によるコミュニケーションができる能力を身につける。
A6 コンピュータリテラシー
コンピュータに関する基礎知識を修得し、それらを活用できる能力を身につける。
A7 基礎的な実験能力
実験に関する基本的な知識と技量を修得し、それらを活用して実験計画の立案と実験の実施、観察、考察、報告ができる能力を身につける。
A8 問題発見・問題解決能力
身近な工学の問題を解決するために、現在持っている知識に加えて必要な情報を集め、グループ活動を通して問題を解決することができる能力を身につける。
B1 建築を構成する諸領域(計画・構造・環境)の関係とそれぞれの概要を理解できる。
B2 建築空間に求められる用途・機能・構成・美しさ等の条件が理解できる。
B3 建築物の持っている構造的側面を安全性の観点から理解することができる。
B4 建築物の内外に形成される環境と人との関連性が理解できる。
B5 都市・地域における建築群の役割や特性が理解できる。
B6 建築物の構築の仕方の基礎が理解できる。
B7 建築や地域が持つべき基本的内容を図面等を使って表現できる。
C1 建築に求められる機能・条件を満たす設計ができる。
C2 国内外の建築と都市空間を調査・評価し、建築空間の創造に活用できる。
C3 現代建築デザインの潮流及び最先端の動向を踏まえた設計ができる。
C4 建築物の力学的現象を把握し、安全性の評価や構造計画に応用できる。
C5 建築構造技術者として必要な構造解析能力を身につけ、その能力を実際に応用できる。
C6 建築物全体について、一貫した構造設計を行うことができる。
C7 情報技術を習得し、建築におけるデジタルメディアの活用により多角的な空間表現ができる。 
C8 工業化技術・伝統構法・材料等の建築物の生産過程を総合的に捉え、建築空間の構築を計画することができる。
C9 建築材料、構法に関わる知識、技術を応用して、建築資材の再利用、建築の有効利用・長寿命化の方策を立案できる。
D1 建築の基礎から応用までの学習課程で得られたその時々の知識を確認し、それを用いて問題を発見し、解決のための方策を考えることができる。
D2 自分の意図するところや得られた成果を分かり易く論理的に表現することができる。
E1 建築・都市に関連する産業界の動向や公務員・教員、さらには大学院なども含めて将来の進路を幅広く展望し、自分自身をあらためて見つめ直した上で、自らの進むべき方向を決定することができる。

改訂:平成19年1月1日
平成16年3月31日

[close]