環境・建築学部の目標

人間が住まいし、活動する環境を計画・設計し、建設し、コントロールしてきた化学・土木・建築の各分野それぞれの領域を学び、かつお互いに連携することにより、安全・快適で持続可能な環境を創成できる人材の育成を目指す。

環境化学科

金沢工業大学化学系教育プログラムは、技術者として必要な工学知識、化学的専門知識とともに、工学的な諸問題を自ら発見し、解決案を導く能力を有する活動的な技術者の育成を目的としている。化学とバイオテクノロジーを活用し、水環境の浄化、有害化学物質の除去、廃棄物の新たな利用など環境対策技術を開発でき、新しい機能を有した付加価値の高い物質を創製できる能力を身につける。常に技術者として知的好奇心と倫理観を持ち、主体的に学習し多面的に考えることで、急速に発展する先端技術を人類の幸福のために活用する実践的な能力を養う。
これらを実現するため、化学系教育プログラムでは、技術者として修得すべき能力を

(1) 技術者基礎能力
(2) 専門基礎能力
(3) 統合的応用能力

の3つに大別し、それぞれについて具体的な学習・教育目標を以下に示す。

学習・教育目標
A 自己啓発・自己管理能力
修学スタイルを確立し、社会に貢献できる人材となるための心構えを身に付けるとともに、自主的・継続的な自学自習能力を身につける。
B 多様な価値観の理解と倫理的判断能力
「知性と教養」・「感性と徳性」・「体力と健康」および技術者としての倫理観の涵養を図る。
C 英語コミュニケーション能力
日常場面で英語での口頭コミュニケーションができ、一般向けに書かれた英文記事の内容を理解できる能力を身につける。
D 現象のモデル化と分析能力、論理的思考能力
行動する技術者としての基礎を築くために、数学・物理・化学を総合的に学び、それらの考え方や知識を工学に応用できる能力を身に付ける。
E 図形コミュニケーション能力
図形表現の技法を理解し、図形によるコミュニケーションができる能力を身につける。
F コンピュータリテラシー
コンピュータに関する基礎知識を修得し、それらを活用できる能力を身につける。
G 基礎的な実験能力
実験に関する基本的な知識と技量を修得し、それらを活用して実験計画の立案と実験の実施、観察、考察、報告ができる能力を身につける。
H 問題発見・問題解決能力
身近な工学の問題を解決するために、現在持っている知識に加えて必要な情報を集め、グループ活動を通して問題を解決することができる能力を身につける。
I.技術者基礎能力
I 環境倫理、生命倫理など幅広い倫理観をもとに、科学技術が社会、人類、自然に及ぼす影響を総合的に理解し、技術者の社会的責任を自覚する能力を身につける(技術者倫理)。
J 地球環境問題の現状、メカニズムを理解し、人類の持続可能な発展のために必要な技術者の責務を自覚することができる能力を身につける(環境リテラシー)。
K 世界の多種多様な歴史、文化、習慣を理解し、人類がもつ様々な価値観から多面的に物事を考えることができる能力を身につける。
II.専門基礎能力
L コンピュータ利用技術とその応用能力
表計算ソフトウェア、シミュレーションソフトウェア、データベース、インターネットなどのコンピュータツールを活用し、普段の学習やプロジェクト活動における問題処理を効果的に行うことができる能力を身につける。
M 応用数学に関する知識、現象を数学的にモデル化し解析する能力
工学的問題を数学的にモデル化して、工学的現象を本質的に把握し、解析することにより、最適な解を求めることができる能力を身につける。
N 化学および化学に関連する専門知識とその応用能力
有機化学、無機化学、物理化学、分析化学、高分子化学、電気化学、光化学、生化学、環境化学、化学工学、バイオ工学、遺伝子工学、微生物工学に関する専門知識を修得し、プロジェクト活動における課題発見、問題解決に応用することができる。
O 化学および化学に関連する実験技術
分析化学実験、高分子化学実験、有機化学実験、生化学実験、環境化学実験などの実験技術を修得し、問題解決のための実験を計画することができる。
III.統合的応用能力
P キャラクタリゼーション能力
未知試料を与えられた場合に、試料の状態に応じて、適切なキャラクタリゼーションを行うことができ、必要な特性を明らかにして、物質を同定することができる。
Q 物質合成能力
既存物質の構造式(有機化合物)、結晶構造と組成式(無機化合物)などを指定すれば文献を調べることにより合成方法を提示できる。
R 化学反応・生物利用能力
一般の化学反応および生物により触媒される化学反応を理解するとともに、産業や実社会でこれらの反応がどのように利用されているかを把握し、化学反応や生物反応を利用したプロセスを設計することができる。
S 問題を自ら設定し、決められた制約条件のもとで解決する能力
産業や実社会の中で解決すべき工学的問題を発見でき、時間、コストなど様々な制約条件のもと、化学とその関連の専門知識を活用して、問題解決策を導くことができる。

改訂:平成19年1月1日
平成16年3月31日

[close]