電気系の学習・教育目標
電気系教育プログラムの学習・教育目標

電気系教育プログラムの教育活動は、高度情報化社会の基盤である電気エネルギーやエレクトロニクス技術の基礎的学力を身に付け、実験と実習を重視した教育を行うことによって、工学的な問題の発見能力、解決能力、および応用力を持つ創造性豊富な電気系技術者の育成を図ると共に、必要な専門資格、先端的研究への取り組み意欲、機械工学、材料工学、情報通信工学などへの適応力を持って実社会に貢献できる技術者の育成を目標とする。

電気系教育プログラムは、上記目標を達成するため、技術者として修得すべき能力を「技術者基礎能力」、「専門基礎能力」、および「総合的応用能力」の三つに分類し、それぞれの能力に対して学習・教育目標を設定している。

学習・教育目標
I.技術者基礎能力(共通)
A 自己啓発・自己管理能力
責任ある技術者としての職務を遂行するために自己管理能力の重要性を理解し、健全な生活習慣と人間としての礼儀を尊重すると共に、心身の健康を自ら管理・増進することができる能力を育成する。
B 問題発見・問題解決能力
技術の発展に付随して生じる工学的諸問題を、技術者としての責任と倫理に基づいて発見できる能力、および修得した知識の集約によって問題を分析し、解決案を導くことができる能力を育成する。
C コミュニケーション能力
理解したことを報告書として的確に明記できる能力、口頭発表と討議能力、および日本語、外国語で効果的な情報交換ができる能力を育成する。
D 技術者の倫理的判断能力
国内外の産業界で活躍する技術者として、適切な行動と意思表示ができる幅広い倫理観・国家観・世界観・歴史観を養い、サイエンスとテクノロジーの調和を理解し、社会に対する責任を自覚できる能力を育成する。
E 多様な価値観の理解能力
世界の中における日本の位置と役割について洞察し、人間の本性および人類が持つ多様な価値観に関する理解を深めることができる。
F 現象のモデル化と分析能力
数学や物理学、化学を工学的現象の本質を分析するためのツールとして使いこなし、工学的問題のモデル化と最適な解を求めることができる能力を育成する
G コンピュータリテラシー:
パーソナルコンピュータの各種ソフトウエアを活用し、言語処理、表計算、グラフィックス、インターネットなどのリテラシーを充分に養い、日常の学習やプロジェクト活動において迅速な問題処理と効果的な情報交換ができる能力を育成する。
II.専門基礎能力
H 物理化学的基礎能力
電気・磁気に関連した自然現象を理解し、それを活用するための基礎知識を修得し、これらの知識を基に電気電子工学分野の応用ができる能力を育成する。
I 工学的基礎能力
物理化学的基礎能力を基盤として、電気回路、電子回路、電気計測、電子計測などの知識を修得し、デバイス応用設計、電気設計など、効果的な応用ができる能力を育成する。
III.統合的応用力
J、K、Lは必修科目により必ず修得することができる。更に、“専門コア”の選択により、それらのひとつをより重点的に修得できる。
J 電気エネルギー応用能力
現代社会の血液とも言える電気エネルギーを応用した技術に精通し、地球環境との調和を考慮しつつ、工学的諸問題の迅速な発見と解決、および革新的な創造技術の応用設計ができる能力を育成する
K 情報・制御応用能力
電気工学、電子工学の境界領域として、コンピュータ援用技術を基礎とした自動制御の応用、各種電子応用システム、計測システムなどの技術に精通し、工学的諸問題の迅速な発見と解決、コンピュータ援用能力の強化、および革新的な創造技術の応用設計ができる能力を育成する。
L エレクトロニクス応用能力
情報通信、電子デバイス、オプトエレクトロニクスなど高度情報化社会のキーテクノロジーに精通し、高度化した工学的諸問題を迅速に発見、解決すると共に、革新的な創造技術の応用設計ができる能力を育成する。
M 設計・製作能力
理論的アイデアや技術的アイデアを具体的な設計図表、技術レポートなどで明確に表現でき、そのアイデアの有効性を実証するための装置試作や実験を行う能力、並びに結果を分析、評価し、ひいては機能や性能の改善ができる能力を育成する。この教育目標は、上記1と2の目標A・Iで育成される能力を総合的に応用することができる人材の育成を目指す。

平成15年4月1日

[close]